津波によって流された 思い出の品 届けたい

ご挨拶

2011.3.11 14:46 。
この時を境に、仙台市若林区荒浜は跡形もなくなり、「居住禁止区域」となりました。私の両親が家を建て、私たち家族が生活を営んでいた場所です。荒浜には、当時760世帯ほどの家がありました。犠牲になられた方は約180名。

仙台市の中で津波の被害を受けた世帯は、市全体の2%程度にとどまります。月日が流れるにつれて大きくなってくる、内陸部と沿岸部のギャップ。とても苦しい思いをしました。

そんな中、「写真救済プロジェクト」に偶然出会いました。私は引き寄せられるようにボランティアとして参加をして驚きました。県内外から、たくさんの人が震災直後からずっと写真を洗い続けてくれていたのです。

そんなことも知らず、鬱々としていた自分を責めました。私にできることは被災者とボランティアをつなげることだとその時強く思いました。

それから今まで必死に突き進んできました。たくさんの壁にぶち当たり、悩み、苦しみ、涙してきました。しかし、いつもそばに支えてくれる人がたくさんいました。

今、私の手元に、偶然残っていた幼い頃の写真が3枚あります。弟と一緒に写っています。両親が、無理をして買った立派なカメラはもちろんまだフィルムでした。デジカメでは決して表現できない、本当にきれいな写真です。あのカメラで撮った私たち姉弟の写真がたくさんありましたが1枚も見つかっていません。カメラも波にのまれました。

漠然としか言えませんが、きっと、今洗浄をしている写真たちは、誰かにとって必ず必要なものだと思うのです。住む場所を奪われても、思い出は生きています。

今、仮設住宅、みなし仮設で暮らす皆さんにとって必要なことは「生活再建」です。失くした家を再建し、これからの人生をまた強く歩むための基盤を作ること。それが叶って初めて、現実を受け入れ、失った思い出を振り返ることができるのだと思います。

私たちの活動は「今すぐ必要な支援」ではありません。いつの日か、思い出を振り返る心の余裕ができた時、ふと「おもいでかえる」を思い出してくれればいいと思っています。

それまでに、大切な写真をきれいにして保存しておきます。決して焦らず、持ち主の元へ戻る日を待っています。その1枚の写真がこれからの人生を生きるエネルギーになることを願って。

kaori nose
理事長 野瀬 香織 <のせ・かおり>
昭和50年生まれ、宮城県仙台市出身。
宮城教育大学卒業後、予備校や専門学校など教育業界で教職に就く。
現在は2児の男の子の母親として子育てと仕事に奮闘中。
蟹江町の子育て支援センター立ち上げにも尽力。
子育て世代への防災セミナーも開催。
子供たちに東日本大震災を伝えていくことも大切だと考えている。


kaori nose
副理事長 野瀬 智弘 <のせ・ともひろ>
昭和54年生まれ、愛知県あま市出身。
中日本航空専門学校卒業後、三菱重工業(株)に入社。航空宇宙産業に従事。
蟹江町消防団に所属。約20年間の消防団経験を活かし、防災士取得。
2011年東日本大震災直後から宮城県でボランティア活動に従事。
2011年12月~ 仙台市津波流出写真等の展示返却事業に携わる。
各地域(紀伊半島豪雨、丹波市土砂災害、常総市豪雨等)の災害ボランティアに参加。
東日本大震災の教訓を多くの人に広めたい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional